コミュニケーションに役立つ名刺

ビル

名刺は、欧米では次のコンタクトをとりやすくするために、別れ際に渡されることが多いです。
連絡先が明記してあるので、それを見れば再び会いたい時にはすぐにコンタクトをとることができるのです。
しかし日本では、もっぱら出会った時の挨拶代わりに渡されています。
自分がどこの誰なのかを相手にスピーディに理解してもらうために、最初に手渡しするわけです。
いずれの場合も、コミュニケーションにおいては非常に役立っていると言えます。
そのためコミュニケーションを必要とする多くの人が、自分の名刺を作り、携帯しています。
名刺は、印刷会社に依頼することで作ってもらうこともできますし、パソコンを使って自分で作ることもできます。
また、近頃は自動販売機で作ることも可能になっています。
デザインを決めたり文字入力をしたりすることで、その場ですぐに印刷がおこなわれ、完成品が出てくるのです。
このように手軽に手に入れることができるようになったため、現在では以前にも増して多くの人が名刺を使うようになっています。
ビジネスマンが仕事で使うのはもちろんですが、主婦や小学生なども、知人や友人との間でさかんに交換しあっています。


Menu

最新情報